今後ツクイが目指す形は?

  1. HOME
  2. はじめてのツクイ
  3. これからのツクイ
  4. 今後ツクイが目指す形は?

「ツクイの考える地域包括ケア」の確立を目指して

「ツクイビジョン2025」で掲げた3つの大方針のうち、事業に直接関わるものは、「デイサービスで圧倒的No.1の地位を盤石化」と「ツクイの考える地域包括ケアの確立」の2つです。デイサービスに関しては、サービス内容の高度化を通じて集客力とリピート率の向上に努め、市場シェアを倍増させると同時に、法改正を乗り越えて利益を創出できる強靱な企業体質の創出に取り組んでいきます。
一方、地域包括ケアとは、高齢者や要介護者に、住まい、医療、介護、予防、生活支援を一体的に供給する地域主体の社会システムのこと。日本では厚生労働省が中心となり、官民それぞれに地域包括ケアシステムの組成を進めています。介護業界のリーディングカンパニーであるツクイは、市区町村を単位とする各地域で様々な産学官民と協業することで、アクティブシニアから要介護者の方へのサービスを創生し健康寿命と在宅生活の延伸を図り「住み慣れた地域で自分らしく最期まで暮らす」ことを支援します。各地域に、ツクイの医療連携の対外窓口であり、地域包括ケアの仕組み整備を担うツクイエリアサービスコーディネーターを配置して切れ目のないサービスを提供し、未来の福祉・介護ビジネスを展望する新たな『成功モデル』を創造します。

これからも、ずっと、まっすぐ

創業者・津久井督六の母が認知症を発症し、介護が家族の大きな負担となっている現実を知ったこと。だからこそ、より良い介護サービスの提供を通じて世の中の役に立ちたいと決意したこと。それがツクイの原点であり、将来にわたり変わることのない企業使命です。

福祉・介護の原点を見つめなおし、お客様と「ずっと、まっすぐ」な気持ちで向かい合っていくことで、わたしたちは人と社会のあるべき姿を追い求めていきます。2017年4月に福祉車両や福祉機器を専門に取り扱うリース会社「ツクイキャピタル」を設立するなど、時代を先取りした革新的な取り組みにも着手。ツクイの福祉・介護市場におけるプレゼンスは以前に増して高まりつつあります。
誰もが安心して暮らせる理想の社会を目指して−−。
ツクイはこれからも挑戦を続けてまいります。