中長期の経営計画は?

  1. HOME
  2. はじめてのツクイ
  3. ツクイの業績
  4. 中長期の経営計画は?

ツクイの課題と戦略を明示した「ツクイビジョン2025」

ツクイでは、中長期的な自社の「ありたい姿」を「ツクイビジョン2025」として策定・公表しています。団塊の世代が後期高齢者となり日本の福祉・介護事業が大きな転換点を迎える2025年に向けて、ツクイが進むべき方向性と取り組むべき課題をまとめました。
「ツクイビジョン2025」では、「デイサービスで圧倒的No.1の地位を盤石化」「ツクイの考える地域包括ケアの確立」「従業員の幸せを実現」という3つの大方針を掲げています。ツクイの強みであるデイサービスの進化を図りながら、介護事業者の責務として理想的な地域包括ケアの実現に寄与すること、さらにツクイの成長力の源泉であり最大の資産である従業員の満足度を高めることで、ツクイグループの永続的な発展と持続可能な介護サービスの実現を目指してまいります。

ツクイの課題と戦略を明示した「ツクイビジョン2025」

第二次中期経営計画 〜地域戦略による力強い成長〜

ツクイはいま、2019年3月期から2021年3月期までを対象期間とする「ツクイ 第二次中期経営計画」を推進しています。本中計は「ツクイビジョン2025」の実現に向けた3つのステージの第2ステージとなります。
テーマは「地域戦略による力強い成長」。
「地域サービスづくり」「地域連携拠点づくり」「地域人財づくり」「会社基盤の改革」の4つの戦略に全社を挙げて取り組むことで、ツクイの考える地域包括ケアを確立し、持続的な成長と収益性の向上を達成していきます。

地域サービスづくりでは、ツクイが提供するサービスと、様々な産学官民と連携を図り、地域全体を支える仕組みを創出します。地域連携拠点づくりについては、約80の市区町村の「多層化エリア」で出店の多様化を図る一方、約1,800市区町村の「連携エリア」では各地域の需要に応じたサービス連携を進めていきます。地域人財づくりに関しては、多様化するニーズに対して的確なソリューションを提案できる地域人財を多数育成し、お客様、従業員双方の満足度を高めていきます。最後に全社基盤の改革では、上記3つの地域戦略を支えるため、現場組織の改編や品質・機構・業務に係わる全社基盤の改革に取り組んでまいります。
なお第二次中期経営計画の定量目標については、連結売上高1,030億円(2018年3月期比で26%増)、連結経常利益65億円(同34%増)、ROE14%と定めました。

ツクイビジョン2025実現に向けた3つのステージ