どのくらいの規模の会社なの?

  1. HOME
  2. はじめてのツクイ
  3. ツクイの事業
  4. どのくらいの規模の会社なの?

(2018年8月現在)

従業員2万100人/直営拠点691ヵ所で事業を運営

お客様の暮らしをしっかりとサポートするためには、スタッフの増員や拠点網の拡充といった「量的拡大」と、サービスの多様化・高度化を図る「質的深化」の双方が不可欠です。こうした認識に立ち、ツクイは1983年の福祉サービス開始から一貫して、人員の確保と育成に注力するとともに、積極的な事業所開設を通じてサービスネットワークの強化に取り組んできました。その結果、ツクイグループの陣容は2万100人(2018年6月現在)を超え、全事業を合わせた事業所数は691ヵ所(2018年8月現在、本社含む)に達しています。

規模の拡大に連動して業績も着実に伸長し、2018年3月期は連結売上高817億円、連結経常利益48億円、親会社株主に帰属する当期純利益28億円と、連結決算の公表を開始して以来、2期連続の増収増益を達成しました。また当期、ツクイのデイサービスを利用されたお客様の延べ人数は、過去最高の49万6,536人となっています。

業績の推移(連結売上高/連結経常利益)
従業績の推移(連結売上高/連結経常利益)

時価総額は700億円超

会社設立から今日までツクイは、お客様はもとより、株主・投資家、取引先、地域社会、自社従業員など、あらゆるステークホルダーとともに歩んでまいりました。ツクイの経営理念と戦略的な事業展開は資本市場でも高く評価され、2011年の東証二部上場以降、時価総額(株価×発行済み株式数)はほぼ右肩上がりの軌跡を描いて推移しています。2018年7月末現在の時価総額は732億円となっています。ツクイはこれからも規模の拡大と質の向上を両立させ、わが国の福祉・介護ビジネスに新たな地平を切り拓いてまいります。

時価総額の推移
時価総額の推移
(東証二部上場以降、各暦年の終値をもとに算出)