株主・投資家の皆様へ

  1. HOME
  2. 株主・投資家情報
  3. 経営方針・戦略
  4. 株主・投資家の皆様へ
株主・投資家の皆様へ

平素から温かいご支援と格別のご高配を賜り、厚く御礼申し上げます。

2019年2月7日に発表いたしました、2019年3月期第3四半期の決算についてご説明申し上げます。

当第3四半期連結累計期間の当社グループの連結業績は、2018年4月より介護報酬が改定され、報酬単価は、自立支援・重度化防止に資する質の高いサービスの評価等がプラス1.0%程度となった一方、当社の主力サービスであるデイサービスにおいては、給付の適正化により基本報酬が1~4%程度引き下げられ、その影響を受ける形となりました。

このような状況のもと当社グループは、引き続き各種加算取得により他事業者との差別化を図りました。また、デイサービスを中心にグループホーム等の開設を進めた結果、当第3四半期連結会計期間末における事業所数は、47都道府県691ヵ所(本社含む、前年同期比11ヵ所増)、うちデイサービス提供事業所数は513ヵ所(同14ヵ所増)となりました。

以上の結果、当社グループの売上高は、全事業において増収となり651億1百万円(前年同期比6.1%増)、営業利益は在宅介護事業において介護報酬改定の影響を受け36億22百万円(同10.7%減)、経常利益は地域戦略に向けた組織改革に伴う販売費及び一般管理費の増加により33億73百万円(同11.9%減)と減益になりました。

また、連結子会社である株式会社ツクイスタッフが2018年12月17日に東京証券取引所JASDAQ(スタンダード)へ上場いたしました。

当社グループは、団塊の世代が75歳以上となる2025年に向けた「ツクイビジョン2025」の第2ステージとなる「ツクイ 第二次中期経営計画」を発表しております。引き続き「地域戦略による力強い成長」をテーマに取り組み、株主の皆様のご期待に応えてまいります。

株主・投資家の皆様におかれましては、今後ともなお一層のご理解とご支援を賜りますようお願い申しあげます。

2019年2月
代表取締役社長