ツクイ創業ストーリー

PRINT
  1. HOME
  2. ツクイ創業ストーリー
ツクイ創業ストーリー 『建設から介護へ』 創業者・津久井督六の挑戦 ツクイの礎を築いた創業者・津久井督六の介護事業にかけた思いと福祉創業までの道のりをご紹介します。

創業ストーリー

- 少年時代 -
女手ひとつで育ててくれた母

幼い頃に父を亡くした津久井督六は、女手ひとつで家計を支える母と、7歳年上の尊敬する兄のもとで多感な少年時代を送りました。母と兄ふたりの督六少年に対する愛情と期待が今日のツクイをつくったと言えるかもしれません。

続きを読む

創業ストーリー

- 福祉創業 -
訪問入浴サービスで
介護事業に参入

「橋を架けたい」という思いを胸に建設会社に入社した津久井督六は、母の認知症発症を契機に介護事業への参入を決意します。社内の一角に福祉事業部を創設するとともに、高額な移動入浴車を購入し、訪問入浴サービスを開始しました。

続きを読む

創業ストーリー

- 信念 -
いまも生き続ける創業者のDNA

福祉創業後の困難な時代を乗り越えたツクイは、2004年にジャスダック、2012年に東証一部に上場し、日本を代表する総合福祉企業へと成長していきます。躍進の原動力となったのは、すべての人びとに良質な介護サービスを提供したいという熱い思いでした。

続きを読む